ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  EXHIBITION,SHOP,RSS
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.03.30 Friday

花、花、花で。その2

花いっぱい第2弾です。

ぐぜり鳴きのウグイスがちゃんとさえずるようになり、

遠くから風に乗ってヒバリのさえずりが聞こえ、

そして、ツバメもやって来ました。

春まっただ中です。

温度は初夏ですが....(汗ふきふき)

 

ソメイヨシノの花 やや葉桜

 

桜は満開をやや過ぎた辺りでしょうか。

ただ、この段階で葉が出てきたのはあまり記憶がありません。

なんだか、今年は急ぎ足の春です。

 

道路に散った桜の花びら

 

地面に落ちている桜の花びらですが、今年は花びらが多く、

スズメが蜜を吸うため、桜の花を丸ごと根元からちぎって

ぽとっと落とした形跡があまりありません。

もうしばらく、観察したいと思います。

↓ちなみに過去記事で少し触れていました。

散った桜で変化を感じる。

この頃は山の鳥たちが増え始めていました。

そして今は、鳥そのものが減り始めている気もしています。

 

タンポポの花2輪

 

春と言えばのお花のひとつ、タンポポ。

真ん中にちょうど、スズメが落としたであろう、

お花丸ごとぽとっ*がアクセントになっています。

セイヨウタンポポ、カントウタンポポ、

そして雑種なのかよく分からないタンポポもあって、

正確な見分けはできていません。

↓過去記事にもちょっと書きました。

春の野の花。

タンポポいろいろ。

 

ヤハズエンドウ カラスノエンドウ

 

ちょっとピンぼけになってしまった、カラスノエンドウ。

正式な和名はヤハズエンドウだそうで、

わたしは子供の頃、しーびーびーと呼んでいました^^

出来たマメを取って、莢でぷーぷー笛にして遊んだ記憶があります。

↓あっ、これも記事にしてました。

植物で遊ぶ。

 

オニノゲシらしき花

 

そして、こちらはタンポポではなく、ノゲシの一種です。

在来種のノゲシとヨーロッパ原産のオニノゲシ、

その雑種とあるそうですが、これはたぶんオニノゲシかな...

またちゃんとみてみよう(こら)。

花は似ていますが、茎と葉はタンポポよりもごつい感じです。

 

というわけで、さらに続きは次回へ....

 

JUGEMテーマ:

2018.03.27 Tuesday

花、花、花で。

制作の合間に、咲いている花を撮影しました。

 

ほぼ満開のソメイヨシノ

 

桜はあっという間に満開に。

今年は本当に速いペースです。

 

幹から直接伸びるソメイヨシノの花

 

あの、幹から直接咲いていた花も満開に。

 

タチイヌノフグリの花

 

今年も咲いてるタチイヌノフグリ。

ヨーロッパやアフリカ原産の植物です。

同じく、ヨーロッパ原産のオオイヌノフグリが

何故か最近、自宅近辺でぐんと減りました。

在来種のイヌノフグリはめっきりみかけません。

どこか、片隅に咲いてるかな、また探してみたいと思います。

 

オランダミミナグサの花

 

こちらも調べてみたらヨーロッパ原産、オランダミミナグサ。

在来種にミミナグサがありますが、茎がもう少し紫色です。

 

キュウリグサの花一輪と葉

 

今年はキュウリグサが少なめでした。

花もまだ一輪だけ。とても小さくて可憐です。

 

八重咲き紅いツバキ

 

八重咲きのツバキも満開です。

よくヒヨドリ達がやってきています。

 

続きはまた後日に...

 

JUGEMテーマ:

2018.03.24 Saturday

今年も桜が咲き始めました*

在住地でも桜が咲き始めました。

現在は3〜4分咲きくらいでしょうか。

 

ソメイヨシノの花 4分咲き

 

幹から直接伸びるソメイヨシノの花とつぼみ

 

今年もついつい見つけてしまう、幹から直接咲いている花。

個人的にいとおしく感じます^^

 

ユキヤナギの花

 

庭にある、ユキヤナギの花も咲いています。

 

道ばたの花々も次々と開花。

賑やかになってきました。

 

JUGEMテーマ:

2018.03.05 Monday

しだれ梅。

自宅庭のしだれ梅がぽっぽっと開花しました。

 

しだれ梅の紅い花

 

今日はあいにく荒れ模様の天気ですが、

春が確実にやって来ています。

 

JUGEMテーマ:

2018.02.21 Wednesday

今年もやってきた春の兆し。

今年もユキヤナギが芽吹き始めました。

 

ユキヤナギ芽吹き

 

ユキヤナギ芽吹きと花らしきもの

 

おや、2枚目の写真では、花とおぼしき一輪が。

フライングで咲いたあとでしょうか。

 

梅のつぼみにオオイヌノフグリの花、

そして、今年も桜の花芽を食べに、ウソが群れでやって来ました。

鳥の種類も冬鳥+留鳥で増えています。

今年もちゃんと春の兆しがやって来ました^^

 

JUGEMテーマ:自然

2017.12.04 Monday

冬の入り口。

寒くなってきました。

どんよりとした空模様に冬を感じる今日この頃です。

 

今年は紅葉がきれいでした。

庭のドウダンツツジも鮮やかです。

 

紅葉のドウダンツツジ

 

ナンテンやマンリョウの実も色づいています。

 

南天の実

 

色づき始めのマンリョウの実

 

赤い宝石のようです。

 

今年は、1個しか出来てないかなと思っていたミカンでしたが、

色づいて分かった、3個あると言う事実(汗)

 

木になっているみかんの実

↑写真では2個だけ写っています。

 

冬の始まりらしい、色の数々。

日々の小さな発見が、わたしにとってはちょっとした刺激になります。

 

そして、庭の片隅で、さらにあるものを見つけたのですが、

こちらは次回書きたいと思います。

 

JUGEMテーマ:植物

2017.03.03 Friday

ロウバイのつぼみが...

本日はひなまつり。

まだまだ寒い中、うららかな日差しが

眠気を誘います(←まだ午前中;)。

 

前回の記事で書いていた写真などなど。

まずは見事に逆行になった(泣)しだれ梅です。

 

 

サザンカも花はそろそろ終わりの季節ですが、

まだまだきれいな花を咲かせています。

 

 

さて、そんな中、ある異変に気がつきました。

 

冬になるといつも花をつけてくれるロウバイ。

こんな花がつきます↓

(2014年頃の写真です)

 

 

ところが、今年のロウバイは...

 

 

なぬー。

枝ばかりなり......(泣)

花が殆どついていません。

 

おかしい、年末には黄色いつぼみがぎっしりついてたのに!

そう思ってよくよく見たら、写真には写っていませんが、

根元にやたら鳥の糞が。

 

そうこうしているうちに、父が決定的瞬間を

目撃してしまいました。

 

「おい、ヒヨドリがロウバイのつぼみ食ってるぞ」

 

なぬなぬなぬぬ〜〜〜〜!!

 

甘い物大好き、木の実もよく食べるヒヨドリですが、

ロウバイのつぼみも食べるとは。

初めて知りました。

そういえば、昨年も花が少ないなぁ、

どうしたのかなぁと肥料など対策立てていたのでした....

そうか....ヒヨドリか.................

そんなにごはんがないのか........;;;

 

と、いうことは、今後開花予定の庭の花々は

注意が必要ということで..... O_oなぬっ。

 

つくばいの水場で水浴びをする彼らを尻目に、

うっすら頭を悩ませる今日この頃です.....(汗)。

 

JUGEMテーマ:

2016.09.15 Thursday

確実に秋の気配。

またまたご無沙汰です。

8月中頃から早くもツクツクボウシやヒグラシが鳴き始め、
暑い割には秋の気配が早いなと思っていたら...

その頃からシジュウカラなどのカラ類や、
その他、山へ行っていた鳥たちが
次々我が在住地へ戻ってきています。

夜に聴こえる虫の声もにぎやか。
季節が確実に巡っています。

台風は勘弁ですが...^^;

さて、自宅庭のミカンが今年はたわわです。



写真ではわかりにくいですが、
これの10倍ほど実がついていて、
ただただ驚きです。

これからゆっくり時間をかけて
黄色く実ります。

JUGEMテーマ:家庭菜園



2016.08.26 Friday

いつの間にか生えてきた植物・追加+きのこの番組!

いつの間にか8月もあと少しでおわりという
状況になっておりました;
またもご無沙汰です。

前回書いた、いつの間にか生えてきた植物ですが、
さらに発見したのがこちら。



テッポウユリ!?(しかも花が終わってたT_T)
隅のほうで気づきませんでした...
どこから来たのだろうと調べてみたら、
裏のお宅に既に多数自生していたことが判明
(どうも、植えられていないらしい)、
さらにご近所のお庭や側溝からもユリが...
じわじわ広がっているようです。

調べてみたらテッポウユリは元々九州や南西諸島の植物で、
本州には園芸用に入ってきたこと、
外来種のタカサゴユリとの交雑種が増えていて、
球根でしか増えないテッポウユリと違い、
こちらは種子で増えるとのこと...などなど。
庭に生えてきたこちらも交雑種のシンテッポウユリと
思われます(テッポウユリと違い、葉が細いそうです。
そう言われれば、写真のものも細めです)。

幼少の頃は庭にあったテッポウユリ、
知らないことだらけで目から鱗がぼとぼとです^^;

ただ、ご近所の増え方を見ても半端ない勢いなので、
今回庭にあるこちらは除去も検討中。
お花がきれいなだけに.... ~_~

今後、さらにいろいろな植物がやって来そうです。

さて、そうやっている間にたまたま見つけた
こちら↓
NHK online:BSドキュメンタリー
あなたの知らないキノコの世界

夜中の12時...起きていられる自信ないので
録画しようかなと思っています;

JUGEMテーマ:植物



2016.07.22 Friday

いつの間にか生えてきた植物・復活編(後編)

前回の記事に引き続き、
いつの間にか生えてきた植物群です。



その5 よく登場するマツの芽
マツの種子には羽のような構造があって、
風に乗ってひらひら飛んでくるので、
気づくとあちこちにこういった芽が生えています。
そしてそれを見落とすと、いつの間にか若木に成長、
えぇっ!こんなに大きくなってる!と言う事態に.....;
時々、確認が欠かせません。



その6 セイヨウアサガオ
これは以前生えてきたものが種子を落とし、
再び芽吹いた物と思われます。
10月くらいまで空色の花を咲かせます。



その7 カニクサ(ツルシノブ)
日本で唯一のつる性シダです。
つるに見えますが、一枚の葉なのだそうです。
普通のシダの葉っぱ部分の間が長くなったと
思えばいいのでしょうか。

たたずまいは涼しげですが、いったん繁茂すると
かなり伸びるので意外と面倒くさい一面も^^;
ので、まとめたり、形を整えて伸ばしています。

ちなみに、庭には現在これを含めて5種類ほど
シダ類がいつの間にか生えてきております^^

と、いうわけで、次回があるかわかりませんが^^;
いつの間にか植物(?)でした。

JUGEMテーマ:植物



Powered by
30days Album