ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  EXHIBITION,SHOP,RSS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.10.09 Tuesday

きのこいろいろ 5

またもきのこですみません;

10月に入り、再びきのこの種類が変わってきました。

今年もいよいよあのイボテングタケ軍団がやってきます(汗)。

※種類は正確ではないと思います。間違っていましたら申し訳ありません。

 

イボテングタケ幼菌群生

 

きましたーぽこぽこと発生。

 

イボテングタケ幼菌

 

既に何者かに食われています。

もちろん、人間は食べてはだめです。

 

ベニナギナタタケ

 

そのそばに発生していたオレンジ色の細長いきのこ。

もしかして、ベニナギナタタケでしょうか。

 

ハツタケ系 2本

 

枯れ葉と同化していて、しかもだいぶ干からびています。

開ききったものは傘が漏斗状になっています。

ベニタケ科やキシメジ科といったきのこには

こういう形になる種類がありますが、似た種類が多くて、

わたしにはわかりませんでした。

 

ハツタケ系

 

まだ若い一本。傘の中央がくぼんでいます。

このきのこ達がちらほらと数本。

 

謎の青っぽいきのこ

 

そして、松の木の下で見つけた、青っぽいきのこ。

食べられた跡も青かったです。

こちらもだいぶ開ききった状態でした。

ハツタケ...にしては色が薄いような。

 

それにしても、今年は本数も種類も多いです。

もうしばらく、きのこシーズンは続きそうです。

 

JUGEMテーマ:植物

2018.10.05 Friday

本格的に秋です...

窓を開けると、どこからかキンモクセイの香りを

感じるようになりました。

今日は窓のすぐ近くまでヒヨドリ達が来ています。

在住地でもいよいよ落葉樹の葉に色がつき始めました。

 

制作、台風通過もあって、散策はしばらくお休み。

昨日、ざっと通った道で見ましたが、

まだ新たなきのこ発生はありません。

もうちょっとしたら出てくるかな。

 

と言うわけで、またきのこになってしまいますが(すみません)、

 

アップし忘れていた、ヘビキノコモドキの仲間の写真を...

※追記:その後、さらに調べまして、つばが全く無かったことから、

テングツルタケでは、という結論になりました。

 

テングツルタケ群生

 

テングツルタケ

 

この一本はかなり大きく、立ち姿が立派でした。

 

JUGEMテーマ:植物

 

2018.10.03 Wednesday

ことば。

Behanceのページをポートフォリオのように活用しています。
少しずつですが、コメントやお問い合わせをいただくようになりました。
辺境サイト(汗)までお越しいただいた皆様には感謝です。
ありがとうございます。

改めて思ったのは、文章・言葉って大事だなと言うことでした。
わたしは元来、話すこと書くことがうまくなく、
そういう所も、作る仕事の方向へ向いていった要因かも知れないのですが、
これからは文章・言葉にもちゃんと向き合わないといけないなと思う今日この頃です。

それは、他者にも自分にもきちんと向き合うことだと思い始めています。

Powered by
30days Album