ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  EXHIBITION,SHOP,RSS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2018.02.01 Thursday

皆既月食 2018年バージョン。

なんと今日から2月です(汗)。

はやすぎる〜と叫んでおりますが、

 

底冷えする寒さの中、少しだけですが、

昨日31日の皆既月食を見ることが出来ました。

在住地では曇りの予想でしたが、当日になってみたら、

ほぼばっちりの視界でした。

 

で、無理を覚悟で古いデジカメで撮影しました。

 

月食欠ける途中

 

安定のぼやけ具合(号泣)。

ちなみに欠けていく途中の段階です。

 

そして、遂に皆既時間帯に突入。

月は見事な赤銅色です。

 

撮影してみたら....

 

皆既月食中

 

だめじゃーん!!(大号泣)

 

皆既月食中写真カラー編集済みバージョン

 

画像に修正加えてこれでした....やはりというか...T_T

今年こそは新しいカメラ買おう(決意)。

 

月食のことを改めていろいろ調べてみて、実は良ーく見ると

欠けている境目にやや青みがかった部分が見えて、

それを「ターコイズフリンジ」と呼ぶのだそうです。

大気圏の中の成層圏と呼ばれる、さらにその中のオゾン層という部分で

赤い光を吸収することで青く見えるのだそうですが(うろ覚えです)、

ファン!ファン!JAXA:空と宇宙の境目はどこですか?

NASAのページにターコイズフリンジの説明がありました。(英文です))

当然、そんな繊細なものが写るわけもなく(それ以前の問題).....;;

 

そして、月食時の大気中のチリの量で、赤銅色が濃くなったり

薄くなったりするそうです。

国立天文台:月食とは

 

うちにあるこれまた古い+小さい双眼鏡、望遠鏡で

さらに詳細に美しい皆既月食を見ることが出来ました。

あっ、せめて望遠鏡使ってむりやりデジカメから

撮影すればよかった.....何故今頃気づく......(がっくし)

 

どちらにしろ、クオリティは低いですが....(泣)

 

※昔、太陽の前を金星が通過したときにむりやり撮影した

写真がこちらになります↓

featherfew hill:太陽の前を通過する金星(2012.06.06)。

 

いろいろありましたが、久々の月食でまた

自然界の移り変わりを実感した夜となりました。

 

JUGEMテーマ:天体(月・星・他)

 

2018.01.29 Monday

雪の結晶。

在住地でもちょくちょく雪の日がある今冬、

古ーいデジカメで雪を拡大して撮影してみました。

何せ古ーいので、ピクセル数も少なく、これが限界でしたが...(泣)

 

雪の結晶拡大写真 立体放射状結晶

 

雪の結晶拡大写真 あられ・六花

 

雪の結晶拡大写真 様々な種類

 

針状、樹枝状などに混じって、雲粒が全体についた、

六花のあられなども見られます(ちょっとかわいい*)。

本当に、どれ一つ同じものが無いのが改めて分かります。

 

雪の結晶は奥が深くて、まだまだ知らないことだらけなので、

時々、時間のあるときに本を読んでいます。

 

過去、雪の結晶で記事を書いたことがあったのを思い出しました。

その中にも本のご紹介をさせていただいています。

 

その他、最近読んだもので...

北海道新聞社:雪の結晶図鑑

草思社:雪と氷の図鑑

...でしょうか^^

 

あまり出来の良くない写真でしたが、自然の神秘を垣間見た瞬間。

こういった光景から、また作品に繋がりそうな予感です。

 

JUGEMテーマ:自然

 

2018.01.25 Thursday

【追加】「ひとめぼれ!にゃんこ写真大募集」twitterからも応募できます

昨日記事にしました、「ひとめぼれ!にゃんこ写真大募集」

実はtwitterからDMでも応募できるそうです〜

アトリエシードさまのtwitterもどうぞ。

 

本日は在住地でも雪。

暴れん坊ねこに雪を触らせてあげたら、

何故かあとで家中走り回ってハイテンションに。

今は電池切れでこたつにもぐって寝ております...謎だ。

 

路面凍結など、どなた様もお気をつけてお過ごし下さい。

 

ベランダの手すりに積もった、明け方の雪

 

JUGEMテーマ:ねこのきもち

Powered by
30days Album