ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  EXHIBITION,SHOP,RSS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< クリスマスです。が、今年も... | main | 「小学館図鑑NEOメーカー」で図鑑の表紙を作ってみた。 >>
2019.12.26 Thursday

部分日食とかベテルギウスとか。

ウサギとオリオン座 デジタルイラスト

 

在住地は曇り空で、部分日食は見られそうもない状況です。

そんな中、なんだかあちこちでざわざわしている、

ベテルギウスがもの凄く減光しているというお話。

 

実は、少し前からわたしも気のせいかなぁと思っていました。

いつもよりも少しベテルギウスが暗く見えたからです。

 

オリオン座の赤くて明るい星。α星です。

全天で21個ある1等星のうちのひとつです。

オリオン座の周辺は、オリオンの足元に当たるリゲル、

全天一明るいおおいぬ座のシリウスなど明るい星が多く、

しかも写真撮影すると、肉眼で見えない散光星雲も写って、

冬空のとても華やかな領域です。

 

赤く大きく膨らんだベテルギウスのような星は、

寿命をもうじき迎える、いわば晩年を迎えた星です。

 

AstroArts : 基礎知識・恒星

JAXA宇宙情報センター : 星

 

晩年を迎えた星は、とても活動が不安定になります。

そのため、時々、星全体が膨らんだり縮んだりして明るさが変化します。

ベテルギウスもそうした変光星の1つです。

 

調べてみたら、AstroArtsさまの以前の記事にこのような記事が。

AstroArts : ベテルギウスの減光

 

数年前にもいつもよりも暗くなったニュースがあったなぁ、そういえば。

そのため、今言われている、このまま超新星爆発になるのかどうかは...

どうなんでしょう(謎)。

素人のわたしでもなんとも言えない気がします。

明るさが2等級という話も見かけましたが、見たときそこまでだったかな...

(今晩見たいが、天気悪し 泣)。

 

やがて、ベテルギウスは一生を終えるわけですが、

その一生を終えた星が吹き飛ばしたガスなどから、

やがてまた新たな星が誕生します。

本当にうまく出来ているなぁと思います。

 

子供の頃は約420光年先にある星、と図鑑で読んだけれど、

現在は約620光年に修正されているようです。

と、いうことは光の速さで1年かかる距離が1光年だから、

今見ているベテルギウスは620年前の姿。

もう爆発しているのかもしれないけれど、まだわからない。

とにかく宇宙は広い!の一言です。

 

追記:はじまってたー!

14時半からウェザーニュースにてグアムの金環日食生中継中です!

 

さらに追記(1/20):ベテルギウス、ほぼ2等星になりました...

AAVSO:alf Ori

(Star Nameのところに" Betelgeuse "と入力)

 

さらにさらに:ベテルギウス、増光の兆しです。

Sky & Telescope

(英文です)

 

JUGEMテーマ:天体(月・星・他)

 

 

Powered by
30days Album