ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  EXHIBITION,SHOP,RSS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 120年ぶりのミジンコ。 | main | 猫の日... >>
2018.08.01 Wednesday

火星を見てみました...が。

7月31日は火星が地球に接近するということで、

わたしも夜10時頃に観察してみました。

 

火星の軌道はやや楕円形のため、定期的に地球に接近します。

一番近くなるのが7月31日なのですが、

9月くらいまでは明るい火星を観察することが出来ます。

近くには木星と土星もいます。

現在は月も見えますね。

 

AstroArts : 特集 火星大接近 2018年7月31日

国立天文台:火星大接近2018

 

で、肝心のわたしの持っている望遠鏡は遙か昔に

祖父に買ってもらった屈折式望遠鏡で、口径も大きくありません。

カメラも、もの凄く古い物。

ということで、見えた火星がこちらになります↓

 

凄く小さな火星の画像

 

なぬー!(号泣)

直径5个曚鼻E然、極冠も見えませんT_T

 

そして、木星と土星に至っては、撮影も失敗したので、

ここからは再現イラストで(かなしい...)。

 

とてつもなく小さな土星の画像

 

土星です。

かすかに環が!

でも、いつもこのかすかな環を見るたびに(そう、かすかでも)

宇宙のスケール感がじわっと来るのです。

 

とんでもなく小さな木星の画像

 

木星に至っては明るく光る、茶色い点でした......O_o

 

近いうちに全惑星が見えるくらいの望遠鏡をと思っています。

 

大接近した火星の美しい画像は他の皆様にお任せしまして(えぇ)、

さそり座のアンタレスよりも明るく輝く赤い星を

しばし眺めて過ごしました。

 

双眼鏡・小さい望遠鏡でも見える天体が近くにあります。

もう少し早い時間なら、さそり座のしっぽの部分にある散開星団M6M7

そして、いて座のM8+NGC6530など、夏の天の川の近辺は天体がたくさん。

※リンク先はすべてAstroArtsさまです

双眼鏡でも星の集まりを確認できます。

個人的には、こちらも一緒に観察をおすすめです。

 

JUGEMテーマ:天体(月・星・他)

 

Powered by
30days Album