ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  EXHIBITION,SHOP,RSS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< しゃっくり。 | main | 面倒くさがりのほこりとり。 >>
2009.10.26 Monday

いろいろてづくり(4)ポプリ

最近、あまったハーブティーなどを使ってポプリを作っています。
自宅には、作品を作る際に使用したり、
参考になるかと思って集めたいろいろな素材があります。
で、それらを眠らせておくのはもったいないな、と
いうことで、いろんなものに活用しようと思っています。

ポプリは作り方といえるほど回数を作っていないので何ですが...^^;

材料:メインとなるハーブ...ローズやラベンダーなど
             乾燥させた花類
   サブのハーブ類...ミントやレモングラス、乾燥させた
           オレンジの皮など
   スパイス類...香りを引き立たせるのに使います。
         シナモンやクローブ、ナツメグなど
   保留剤...香りを長持ちさせるために使うものです。
       白檀やオリスルート(アヤメの根)など
       あるとより良いですが、なくてもできます。 
       ポプリ材料のあるお店にはあると思います。
   精油...手っ取り早いのは、人工の香料ですが、
      やはりここは100%天然のものを。
   その他...乾燥させた松ぼっくりや木の枝、ドングリ、
       貝殻など季節感を出す素材を少しアクセントにしても。
       素材はいずれもよく乾燥させてください。

材料はメイン8:サブ4:保留剤、スパイス類など:1
くらいの比率が目安です。
計量スプーンなどで計算しながら試してみると
良いと思います。

1)乳鉢でスパイス、保留剤をつぶします(なければすりこぎで)
2)つぶした1に精油を3,4滴たらし、よく混ぜます。
  乳鉢のない方は小さなビニール袋に1と精油をいれて、
  袋ごと揉んで混ぜると楽です。
3)密閉ビンにすべての材料を入れ、よく混ぜます。
  そのままビンごと振ってもいいですが
  壊れやすい素材が入ってるときなどは
  木製のスプーンとか、割りばしとか使うと
  いいです(金属製のものは香りが劣化するそう)。
4)そのまま、10日〜4週間ほど熟成します。
  時々ビンをゆすって中身を混ぜます。
  分かりやすいように、日付のラベルを
  ビンに張るといいと思います。

香りが足りないな、と思ったら、精油を少量足して
もう一度熟成して様子を見るといいです。

最初は、精油はバラならバラ1種類とか、
シンプルにするとうまくいきます。
わたしは最初いろいろ試すあまり、変に混ぜすぎて、
出来上がりの香りが悶絶なものになったことがありました(T_T) 
甘めの香りにするなら、バラとかラベンダーとか柑橘系とか混ぜて、
さわやか系なら、ミントにローズマリーとかタイムとか
同じさわやか、辛口系のものを持ってくるといいと思います。
結構、モミやサイプレスなど、森林系の香りも使えます。

後は、作り続けると自分好みの比率が見えてくる感じでしょうか。
わたしは、まだまだです.....

これはドライポプリの作り方でしたが、
塩を使ったモイストポプリというものもあります。
わたしもまだ作った事がありません。
時間と気持ちに余裕があるときにチャレンジしようと
思います。

JUGEMテーマ:クラフト・手芸 色々
Powered by
30days Album