ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  EXHIBITION,SHOP,RSS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2011.07.27 Wednesday

カラーマスキングテープ。

最近は制作だけでなく、展示時のディスプレイにも
使っているカラーマスキングテープ。
昔は、糊がはみ出ないようにカバーするためとか
そういう使い方だったのですが、
それに色や柄を付けるというアイデアは、
最初見た時はやられたー!と思ったものです^^

今も、購入し続けているので数がだんだん増えます。
けれど、ただでさえ側面に埃がつきやすいテープ、
直接どこかに置いておくと、すぐ埃まみれになります。
ので、前回のワークショップでも使用したのですが、
ささっと木で作った台を使用しています。



ささっとつくったので、出来はそれなりです^^;
この上から、布でカバーして保管しています。
最近では、専用の台やケースも販売されているようで、
持ち運び用のケースなどは、自分でも作れたら
作りたいなと思っています。

また、テープを使って、何かやってみたいと計画中です。



2009.11.05 Thursday

木で芳香器。

最近、木やマメ科の植物などに香料をしみこませて
香りを室内に拡散させるしくみの
芳香装置(というのかな?)が販売されています。
火や電気を使わないので、その点安心です。
もしかして自分でも作ることができるかな?という
安易な発想から、実験で作ってみたのが
ひどい出来の下写真です↓



針葉樹の形にしたつもりです...本当に出来はひどい...;

安全性などが確認できないので
作り方などは書けませんが(書くほどのことも
しておりませんが;;すみません)...
最初、しみこむかなと半信半疑でした。が、
かなり香料を吸って表面がしっとりとした頃には、
結構、香りがあたりに広がっていました。
但し、普通の精油では高価かつ短期間で蒸発して
香らなくなってしまうので、こういったしくみの
専用香料のがやはり良いかなという感じです。
枕もとで香りを楽しむにはいい感じでした。
後は、木にも染み込みやすい物とそうでないものと
性質的にありそうです。
素材の研究はいろいろと勉強になります。

JUGEMテーマ:クラフト・手芸 色々
 
2009.10.29 Thursday

キャンドルな生活。

特に秋冬は部屋のインテリアによくキャンドルを使います。
あまり種類は持っていないのですが、
個性的な形のキャンドルをディスプレイとして使っています。
あまり直射日光に当たるところには置かずに、
さりげなく、という感じです。



たまにキャンドルの灯りだけで過ごしたりしていますが、
火の取り扱いだけは注意ですね。

***

ポプリ熟成中。木の実などがメインのものです。




JUGEMテーマ:インテリアディスプレイ
 
2009.09.27 Sunday

ガラスびんで飾る

お菓子などを入れておくガラス製の保存ボトルに
天然石や天然素材などを入れて、ディスプレイしています。
atelier*zephyrお知らせブログでも記載^^)



このボトル、実は100円ショップで購入したものです。
サイズも3種類くらいあって、中にハイドロカルチャーを入れて
植物を植え付けると、小さなテラリウムにもなるし、
この中にボタンやビーズなどの素材を詰めるだけ詰めて
カラフルに見せる収納にしたり、
工夫次第でさらにいろいろできそうです。

ガラス容器なので、中に入れる際は容器本体・入れるもの
それぞれ傷つかないように注意するのと、
あまり直射日光に当たりすぎないところに
置いた方がよろしいと思います。


2009.09.05 Saturday

簡単に額装

以前、"coro del alba"という、別サイトを運営していたのですが、
その中に載せていた、中には手作りとまでは
呼べないものもあるけれど(^^;)
日常で作ったものをいくつか再掲載したいと思います。
ちょっとした時間でできるとか、身近なもので手軽にお安く
(^^ これポイントですね*)とか、そういうのをテーマにしていた
サイトで、今もそれは追及するテーマの一つになっています。

ポストカードなど、薄くて小さいものを額に入れたいと思った時、
普通に入れてもいいけれど、ちょっと額装みたいなこともしてみたい、
でも、うまく四角くマットがカットできなかったりします(T_T)
で、ラッピング用のおしゃれな紙や不織布等をとっておいて、
そういうときに作品の下に挟んでそのまま額に入れてしまったりします。
飾る中身を頻繁に入れ替える場合に向いていて、
全部のものに通用する手ではないけれど
(一点ものの作品など、保存も兼ねてという場合は
やはり額装専門店にご相談するのがよろしいかと思います。
特に写真などを直接入れると、
ガラスやアクリル面にくっついてしまうので
その場合は作品の前にマットが来た方がいいです)、
工夫次第で手軽にちょっとした額装ができます。
下の写真はぼこぼこした、工作にも良く使用される、
カラー段ボールを使っています。
張りのある、しっかりした素材の方がよりきれいにできます。

ちなみに、やはり自分でもマットをうまくカットできるようになりたい、
ということで斜め45度の角度で切ることができるカッターを購入。
挑戦してますが...うむむ。やはり練習あるのみと実感です...(^^;)。





 
Powered by
30days Album