ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  EXHIBITION,SHOP,RSS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.05.26 Tuesday

シダ類...

きのこや変形菌はその種類の多さに、

正確な種類を見分けるのが素人のわたしでは

とても難しいのですが、それ以外にも

見分けるのが難しい生物があります。

 

シダ類です。

 

たぶんシケシダ

 

前回、シダのスケッチ後にカラスがやって来た話

ここで描いたのですが、そのスケッチしたシダも、

いちおうベニシダということにしたものの、

とても類似種が多いので、自信ありません...

 

ベニシダのスケッチ

↑あるオンライン講座の課題で描いたベニシダです。

 うーむ、まだまだだ...;

 

で、シダ類の図鑑を読んでみたのですが、

文一総合出版:シダハンドブック

下記は図書館で借りたり閲覧しました(^^;)

保育社:しだの図鑑

学研:日本産シダ植物標準図鑑

学研:日本産シダ植物標準図鑑

 

カニクサ

 

今までこの種類だろうと思っていたのが、

葉を裏返して胞子嚢を見たら全然違ってた!と

いうことがあって(胞子嚢は種類によって形や色が違う)、

シダ奥深い...となっております(汗)。日々、勉強です。

 

今回、一緒にアップしたシダの写真も胞子嚢が

まだ出来てなくて、よく分からないという種類も。

それにしても、それぞれ葉の造形が複雑かつ美しく、

わたしはシダ類にとても魅力を感じます。

 

シダ図鑑といえばこちらも↓

山と渓谷社:くらべてわかるシダ

まだ読めていない...読まねば。

 

小さなシダの葉

 

JUGEMテーマ:植物

 

2020.03.31 Tuesday

さくら、今年も。

アカハラのさえずりが聞こえる春の午後です。

サントリー日本の鳥百科:アカハラ

 

在住地では23日に桜が咲き始め、

現在は満開近くなってきました。

 

ソメイヨシノの花

 

ソメイヨシノの花

(写真は数日前に撮影したものです)

 

今年は地面を見ても、スズメが蜜を食べるために

ちぎって落とした花があまり見当たりません。

最近ではちぎらずに花の横に穴を開けて

蜜を食べるという話もあるようですが、

それにしても、確かにスズメそのものが少ない。

 

今日も、描きます。

 

JUGEMテーマ:

 

2020.03.01 Sunday

春の花がぞくぞくと...

こういうときこそ、ということで、

春の兆しを写真に収めてきました。

 

オオイヌノフグリとキュウリグサ

 

街中の駐車場にて。日だまりに咲いていたオオイヌノフグリ。

良く見ると他にも花が咲いてます...

 

キュウリグサ

 

ちょっとピンぼけですみません。

キュウリグサが小さく。

 

セイヨウタンポポの花

 

タンポポも。

ここだけ黄金色に輝いて見えます。

 

キュウリグサとタネツケバナの仲間

 

先程のキュウリグサとタネツケバナの仲間。

季節が進むと、もっと茎などが伸びてくることでしょう。

 

オオイヌノフグリの花

 

以上、足元の小さな春でした。

 

JUGEMテーマ:植物

 

2020.02.05 Wednesday

植物の種子、拡散方法もいろいろ....

早くもユキヤナギの新芽が出始めました。

暦の上では春ですが、今日は寒いです。

 

以前、当ブログでいつの間にか庭に生えてきた植物をテーマに

記事を書いていたことがあるのですが、

 

※2016年に書いてました...時の経つのは早い;

いつの間にか生えてきた植物・追加+きのこの番組!

いつの間にか生えてきた植物・復活編(後編)

いつの間にか生えてきた植物・復活編(?)

 

山と溪谷社いきもの部さまのtwitterでまとめられている、

タマサンゴの実がどうやって道ばたから発芽して成長するのか、

その観察・考察を面白く拝見しております

(勝手にリンク貼りまして恐縮です)。

 

 

植物の種子は風によって運ばれたり、鳥など動物に食べられ、

排泄物に混じって運ばれたり、表面にかぎ針のようなトゲがあって、

人や動物に引っかかって運ばれたりなどなど種子が広がる手段は

さまざまありますが、落ちて転がってというのも確かにありそうです。

 

在住地周辺では近年、タマサンゴと同じナス科のイヌホウズキの仲間が

良く生えてくるのですが、これもいつの間にかやって来た系。

実も小さいし、物理的に転がってこられないところにも

生えているので、これはルートが謎です(毒があるとも聞いているし)。

 

それにしても、植物は逞しいなと思います。

 

JUGEMテーマ:植物

 

2020.01.11 Saturday

今年のロウバイ、花は無事でした。

昨年まで、花を咲かせる前にヒヨドリにつぼみを食べられていた

我が家のロウバイですが、今年はたくさん花を咲かせました。

 

過去記事もご覧下さい↓

過去記事:ロウバイのつぼみが...

過去記事:今年はヒヨドリ軍団が...

過去記事:ロウバイのつぼみが...2019

 

ロウバイの花

 

ヒヨドリ軍団、今年もいるにはいるのですが、

彼らの数が少ないのか、それともえさが他にあるのか、

ともかく今年はあまり食べられることなく済んでいます。

寒い日が続きますが、その中で栄える美しい黄色。

独特の良い香りが辺りに漂っています。

 

※追記:今年はいつもと違い、黄色く染まった葉が

落ちていないことに気づきました。

もしかしたら、その辺りも関係あるかも知れません。

 

JUGEMテーマ:

2019.11.18 Monday

今年もみかん。

今年も庭先のミカンの実が順調に育っています。

 

ミカンの実

 

今年は個数は少ないですが、ひとつひとつの大きさが

良く揃っています。

ちょっと前に撮影したので、今はもっと黄色みを帯びています。

わたしにとって、これを見ると、毎年冬を感じるもの・ことの

ひとつになっています。

 

JUGEMテーマ:植物

 

2019.10.27 Sunday

あのサツマイモが...

以前、わたしの知らぬ間に父が庭に植えたサツマイモですが、

 

過去記事をご覧下さい↓

きのこシーズンがやってきた2019(最後、イモまで登場編)

 

自分で面倒を見ると豪語したので、父に任せていたら、

猛暑に耐え、大雨に耐え、台風にも耐え、病害虫もはねのけ(?)、

ぐんぐん成長し、そして収穫したのがこちらになります↓

 

サツマイモ

 

ちいさいですが....(滝汗)イモになりました。

 

これに気をよくした父は今度は「柿の木を植えたい」(なぬっ)。

...全力で止めたいと思いますっ(涙目)

 

JUGEMテーマ:植物

 

2019.10.10 Thursday

アオツヅラフジ。

台風19号が怖いです(涙)。

現在、台風に向けて準備中ですが、

高台に自宅があるので、暴風がとにかく怖い。

何事もないことを祈るばかりです。

 

さて、今年はきのこがあまり発生しておらず、

散策してもきのこの代わりにドングリやツバキの実を

良く見つけているのですが、

実は少し前から気になっていた実があって、

 

ツヅラフジの実

 

これです(ピンぼけでごめんなさい)。

青紫色の丸い実が何個か固まって結実している、

つる植物なのですが、なんだろうなと思いつつ

調べるのを忘れ(おい)、この度ようやく図鑑で調べたら

アオツヅラフジという植物のようです。

 

実はこの青紫の実、毒があるとのこと。

一見すると、おいしそうに見えますね...(汗)。

同じ仲間のオオツヅラフジのつるや根は防已という漢方薬として

使用されているそうですが、基本はやはり有毒植物....

もちろん鑑賞するだけで(実はきれいな色をしています)。

 

ということで、台風対策に戻ります。

 

JUGEMテーマ:植物

 

2019.04.20 Saturday

地衣類、謎の物体...

クマバチが番をはりはじめました。

春も佳境です^^

こんにちは。

 

前回書いた、地衣類のお話から...

featherfew hill : 地衣類。

 

その後、地衣類を撮影しているときに謎の物体を見つけました。

 

地衣類 謎の黄色い玉

 

これです。

丸い球状の物があるのです。

 

これ自体、地衣類と関連のあるものなのか、

それとも全く関連のないものなのか、

別種の地衣類が混ざっているのか、謎です。

 

まだまだ、知らないことだらけ。

それが、楽しくもあります。

 

JUGEMテーマ:植物

 

2019.04.15 Monday

地衣類。

4月10日分記事で、個人的に興味を持っている「いきもの」について

次回書きますと書いていたのですが(思わず先にブラックホールを

書いてしまいましたが;)、

 

それがこちら↓

 

地衣類 ハマキクバゴケ

 

地衣類です。

 

地衣類は菌類の一種で、藻類と共生して生きている、という

これまたユニークな存在です。

菌類側は藻類側から栄養分をいただき、藻類側は菌類側から

住む場所と水分をいただき...と、言う感じで

助け合って生活しているという地衣類。

 

見れば見るほど、その生態もかたちも興味深いです。

 

ヒメジョウゴゴケ

 

立体作品の中に少しだけ登場させていましたが、

まだ種類名もよく知らないほど不勉強なので、

これからいろいろ観察していきたいなと思っています。

 

JUGEMテーマ:植物

 

Powered by
30days Album