ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  EXHIBITION,SHOP,RSS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.12.17 Sunday

変形菌でざわざわ...

ここのところ、変形菌に関する書籍が立て続けに出版されていて、

技術評論社:変形菌

誠文堂新光社:粘菌 知性のはじまりとそのサイエンス

朝日出版社:世界は変形菌でいっぱいだ

 

うわうわと思っていたら、遂に、雑誌にも登場することに!

文一総合出版:このは 観察から識別まですべてがわかる!変形菌入門

 

わたしも変形菌に興味を持ったのは数年前のことですが、

ここまで変形菌にスポットがあたる事になるとは思いませんでした。

最近では、パソコンで文章作成しても「金」が「菌」に変換され

(これは変形菌だけではなく、きのこなども関係してる気が;)、

そして、お財布が.....(汗)うれしいような悩ましいような(滝汗)。

 

まだ、変形菌を見つけるのがとても下手なので、

まずは、いろいろ勉強してコツなどつかんでみたいところです。

 

*おまけ*

過去、変形菌をモチーフに制作したボトル作品画像を

アップしてみました↓

 

変形菌3種ミニボトル作品

 

ベニテングタケと変形菌ボトル作品

 

JUGEMテーマ:植物

2017.11.12 Sunday

粘菌。

きのこシーズンもそろそろ終わり(冬に発生する種類も一部ありますが)、

今年はイボテングタケラッシュだった在住地周辺でしたが、

実は、さらに近年ちょっと興味を持っているいきものがありまして、

 

それが粘菌(変形菌)です。

 

粘菌はきのこやカビ類と同じく胞子で増えますが、

最大の違いはアメーバのようになって自分で移動し、

えさ(微生物)を食べて成長して大きくなり、やがて

きのこのような動かない状態になって(子実体といいます)胞子を飛ばす、

植物と動物の中間のような生態を持っている事です。

ので、きのこや菌類とはまた別のカテゴリーの生き物です。

 

なんて柔軟な生き方の生き物なのか、と

最初知ったときは驚きと同時に目から鱗でした。

 

じめじめした環境を好むので、発生は梅雨時などが多いようですが、

これが、きのこ以上にわたしの在住地周辺ではお見かけしないのです。

とても小さいので、見過ごしているのかもしれません。

見分ける目が必要かもと思っています。

 

そんな中、少しだけ見ることが出来ました。

 

切り株上に発生のツノホコリの仲間

 

たぶん、ツノホコリの仲間と思われます。

切り株の上にふわふわ。

ツノホコリは他の粘菌類とまた少し分類が違います

(原生変形菌と呼ばれます。分類等、まだ専門家によって

考えが分かれているようですが、他の粘菌類とは

胞子の付き方が違うなど、明らかな違いがあります)。

 

木の皮の上の種類不明粘菌

 

こちらは既に干からびていて、種類不明のもの。

枯れ枝や落ち葉を良く見ると、見つかることがあるそうです。

シーズンになったら、時間作って葉っぱの裏とか見てみよう。

ひたすら葉っぱとかひっくり返してる姿は、客観的に見て

ちょっと怪しげですが....^^;

 

まだまだ勉強不足の粘菌類、さらにいろいろ遭遇できるといいなと思います。

 

JUGEMテーマ:植物

2017.10.18 Wednesday

きのこシーズンがやってきた 4 イボテングだらけ...

久々の晴れ間になった、本日朝、

きのこはどうなったのか、見てきました。

そうしたら...

 

イボテングタケ幼菌

 

イボテングタケ。

 

笹藪の中のイボテングタケ

 

イボテングタケ。

 

イボテングタケ群生

 

イボテングタケだらけ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

(ちなみにこの群生は、雨で既にイボがとれてしまっていますが

やはりイボテングタケでした...これだと他の食用きのこと

間違える例があってもおかしくないなと思いました。

もちろん、食べちゃだめです!)

 

あっちをみても、こっちをみてもイボテングタケ。

他のきのこは見当たらない、というあまり今までには

無い事態になっております..... T_T なぬ〜!

 

倒れたイボテングタケ

 

既に倒れてしまったものも。

 

ぐるっと回って、見かけた約30本、全部イボテングタケでした

(一部、テングタケっぽい、小型のものもありましたが、

正確には分かりませんでした)。

 

ここまでイボテングだらけということは、よほど縁があるのか(?)と

いうことで、イボテングタケだらけの作品を作ろうかとも

思い始めています(やめれ)。

 

他のきのこさんは本当にいらっしゃらないのかと探してみたら、

 

コツブタケらしききのこ

 

コツブタケっぽい謎きのこ(汗)。

あぁ、そういえば、もう一種類見かけていた唯一のきのこでした。

そうか.....そうなのか...........(呆然)。

 

今年はイボテングタケが(少なくともわたしの在住地近くでは)

大爆発(?)の年となりました。

他のきのこが発生しないまま終わるのか、推移を見守りたいと思います。

 

JUGEMテーマ:植物

2017.10.14 Saturday

きのこシーズンがやってきた 3

さて、昨日↓の続きです。

きのこシーズンがやってきた 2

 

雨が上がり、手の空いた隙を見計らって、

昨日の白いきのこの一群があったところへ。

すると。

 

イボテングタケ

 

イボテングタケ

 

茶色くなってるー!

どうやらこの一群もイボテングタケだったようです

(2枚目は昨日記事の2枚目写真と全く同じもの。

なんと、1本だったのが、2本になっていました)。

 

イボテングタケ

 

しかも、あっちにもこっちにも。

どうして今年はイボテングだらけなんだ〜〜!

 

今のところ、他のきのこは黒いコツブタケらしきものと、

ダンゴムシなどに食われてしまい、ほぼ柄しか

残っていなかったハツタケ系(?)のみ。

 

これから一週間ほど雨が続きますが、その後変化が

あるのか、ちょっと興味あるところです。

 

JUGEMテーマ:植物

 

2017.10.13 Friday

きのこシーズンがやってきた 2

こんにちは。

キンモクセイの香りも漂う中、きのこ散策、

前回からの続きでございます^^

 

イボテングタケの一群を見つけてから数日。

次に見つけた一群がこちら↓

 

 

 

真っ白です。

テングタケやベニテングタケなどもごくごくちいさな幼菌は

白い場合があるので、なんともいえませんが、

テングタケの仲間ぽい感じです。

これが少なくとも6本。推移を見守りたいですが、

これからしばらく雨...逆に急激に伸びるかな、楽しみです。

 

既に、何者かに食べられているものがちらほら...

 

そして謎の黒い玉のようなきのこ。

 

 

 

昨年のきのこ散策の際も似たようなきのこがありました。

コツブタケ、というきのこが似ている気がしますが、

それにしても色がちょっと黒いような....謎きのこです。

 

そして、こちらはきのこでは無いですが...

在住地近くの公園にはヨーロッパトウヒ(ドイツトウヒ)が

数本植えられておりまして、それが昨今巨大な松ぼっくりを

つけるようになりました。

 

 

これはまだ若い段階で落ちてしまったものと思われます。

 

そして、いよいよサザンカが咲き始めました。

 

 

秋も深まってきました。

 

JUGEMテーマ:自然

 

2017.09.29 Friday

きのこシーズンがやってきた^^

こんにちは。大変ご無沙汰です。

いろいろありまして、ずっとお休み状態だった当ブログですが、

ゆるゆる書き始めています。

 

気がつけばすっかり秋。ヒガンバナが満開になり、

モズの勇ましい鳴き声も聞こえています。

 

体調をずっと崩しておりまして、きのこ散策もできず、

発見できたのは、ひからびたツチグリのみ(泣 ちなみに

昨年はひからびたツチガキに遭遇...どうもこの近辺の

きのこさん達とは今のところご縁があまりないようです T_T

来年こそは〜!)。

ツチグリはこちらでご覧いただけます↓

NHK ミクロワールド : 煙を吹き出す ツチグリの秘密

 

いよいよ、他のも...と改めて体調の整った日に出てみました。

すると。

 

イボテングタケ幼菌

 

おお〜〜!

おそらくイボテングタケだと思われます

(正確な同定では無いかも知れません。ご了承下さい)。

昨年発生していた場所と、ほぼ同じ場所で発見。

昨年の記事はこちら↓

featherfew hill : きのこたくさん

しかも今回は辺りを見回すと幼菌ばかり10本ほど。

ひとりで小躍りです(←あやしい)。

 

さらに足下にも。

 

イボテングタケ幼菌大小2つ

 

なぬ〜!

大小かわいい幼菌が。

 

昨年同様、でっかく育つのを見守りたいと思います。

 

もちろん、毒きのこなので、食べてはだめです^^;

しかし、何かに食われた穴あきの幼菌もありました。

虫や小さい生き物には良くて、人間にはだめなんですね

(その逆もありますね)。

ただ、昔はハエとりに使った地域もあるそうで、

別名のひとつにはえとりたけというのもあるとか

(赤いベニテングタケも同様の使われ方をしたそうです)。

そうか、ハエもだめなのか。

 

ちなみに、他にも似たものでテングタケダマシ(なぬ〜!)と言う種類も

あるそうで...ずっと小型で、傘のイボがもっととがってるそうです。

 

テングタケ

イボテングタケ

テングタケダマシ。

なんだか早口言葉みたい(おい)。

 

その他、ナゾのハツタケ系きのこもありましたが、

殆どダンゴムシやナメクジなどに食い尽くされていました(泣)。

 

また、追々その他写真もアップしていきます^^

 

JUGEMテーマ:植物

2016.10.04 Tuesday

きのこたくさん。

10月に突入です。

今年は在住地も雨が多め。

むしむし、じめじめの天気ですが、

雨の後のお楽しみ、それは...

 

きのこです^^

時間を作って散策してみました。

 

 

たぶん、ニオイコベニタケ(これ以下、正確な

種類では無いかもしれません。間違っていたら

ごめんなさい)。可憐です^^

実際見ると、写真よりもっと紅色です。

 

と、にこにこしていたら...

 

 

どーん。

びっくりする大きさ!

 

大きさ、イボの具合などから、

イボテングタケではと思われます。

 

 

幼菌もいました^^

 

これはすごいなぁと後ろを振り向いたらさらに...

 

 

どどーん。

なぬー!?

 

あっちにこっちに大きなきのこが。

 

 

まっ茶色。

 

 

幼菌です。

写真ではわかりにくいですが、

柄の部分は茶色で縦しわがあります。

 

なにぶん、ダンゴムシたちに食べられてしまい、

正確な色合いがわかりません。

 

 

誰かに蹴られたか、倒れたものも。

裏は薄い黄色でひだはなくスポンジっぽいです。

管孔という構造です。

ということはイグチ科の仲間でしょうか

(ヤマドリタケもこの仲間です)。

傷もついてますが、変色はあまりしていません....

 

母が祖母に聞いた話では、遙か昔に自宅周辺で、

「ホンバツ」と呼ばれるきのこを採って食べていたと

言うことで、色が濃かったと言う点は一致するも

しいたけっぽかったという記憶のようなので、

これではないかも...(オオコゲチャイグチなど確か、

濃い色のイグチの中には毒があるものもあった記憶が;;)

 

と、いうわけで、食べてはだめです(当然)。

 

その他、さらに...

 

 

パン!?まんじゅう!?

どこのどなたか分からぬきのこ。

 

 

 

シバフタケ?アマタケ?

こちらもわからないきのこ。

 

 

たぶん、キツネノハナガサのなれの果て(泣)。

結構、しおれたきのこが多かった...

 

今年はきのこの発生数が少ないと言うお話を

あちこちでお聞きするのですが、

出会えて良かったとほくほくのひとときでした。

 

JUGEMテーマ:自然

2015.09.21 Monday

雨上がりのきのこ。

かなりのご無沙汰です。
作品制作、家族の体調面などに加え、
なんと猫(!)を預かることになりまして、
台風が居座っているような毎日を送っております(滝汗)。

さて、そういう時は散歩をして
リフレッシュするのが一番と思い、
雨上がりにカメラ片手に出かけてみたら、

発見です。



きのこ *_*

傘のふちが薄紅色、てっぺんが薄茶色。
見えにくいですが、奥の方にひとつ幼菌も。

調べてみましたが、どこのどなたかは分かりませんでした。

今年もきのこの季節になりました。
ついつい、下を見ながら歩いてしまいます^^

JUGEMテーマ:植物

2015.07.11 Saturday

雨上がりのきのこ。

雨続きの日々から、久々の晴れ間です。
散策していたら、見つけました^^



頭頂部がぽこっとしていて、
ちょっとレトロなパラソルぽい形の茶色いきのこ。
軸に入ったすじがねじれているのが印象的です。

あたりをよくよく見渡すと...



点々と生えています。
ただし、既に軸だけになったものが殆どでしたが...
もしかしたら、ダンゴムシやナメクジに
食べられたかも知れません。

このきのこちゃんは何だろうと調べてみたら、
おそらくアシナガタケの仲間のようです。
(違っていたらすみません;)

朝なのに、じりじりと皮膚に付く刺さるような日差し、
今日は暑くなりそうです。

JUGEMテーマ:植物
2014.12.10 Wednesday

しいたけからしいたけ?

たまたまスーパーで購入したしいたけ。
その中の一つが...



傘の中心がくぼんでいます。

よくよく見ると、かさのくぼみの中から
何かが生えています。
拡大すると...



えっ、ちっちゃなしいたけ??

きのこの傘からさらにきのこが生えるって
あるのでしょうか?
思わず、撮影してしまいました^^

JUGEMテーマ:植物

Powered by
30days Album