ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  EXHIBITION,SHOP,RSS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2019.11.18 Monday

今年もみかん。

今年も庭先のミカンの実が順調に育っています。

 

ミカンの実

 

今年は個数は少ないですが、ひとつひとつの大きさが

良く揃っています。

ちょっと前に撮影したので、今はもっと黄色みを帯びています。

わたしにとって、これを見ると、毎年冬を感じるもの・ことの

ひとつになっています。

 

JUGEMテーマ:植物

 

2019.11.08 Friday

きのこが...少ない。

11月はじめにきのこ散策に行きました。

 

が。

 

イボテングタケ群生

 

発見したのがイボテングタケの群生のみ。

 

干からび気味のイボテングタケ

 

こちらは既に干からびかけていました(泣)。

 

イボテングタケ群生

 

ぱかっと傘が開いたお姿。

 

周囲を見渡してもその他きのこの姿はありません。

発生時期がずれ込んでいるという話も聞いたので、

これからなんだろうか...それにしては少なすぎる...

 

うむむと思いながら歩いていると、マツの幹に白い菌類らしきものが。

 

松の木から発生の謎の白いきのこ

 

たぶん、きのこの一種だと思います。

 

以上。

いえ、本当にこれ以上のきのこは見当たりませんでした T_T

かなし...

 

その代わりと言っては何ですが、おや、と思う光景に出会いました。

 

昨年、台風で倒れ、伐採されたマツの切り株から、

 

ヒノキの若木

 

あらたな芽生え。

 

マツの若木

 

マツの切り株からマツの芽生え。

 

こうやって、命の循環が繋がっていくのだなと、

しみじみ思いつつ、その場を後にしました。

 

JUGEMテーマ:植物

 

2019.11.02 Saturday

カメムシ大発生。

数日前からジョウビタキが鳴き始めました。

今日は仕事中におや?これは...と思う鳴き声がしたので、

念のため調べてみたらコガラちゃんでした。

 

サントリー 日本の鳥百科:コガラ

 

もう、冬の鳥たちが賑やかです。

 

さて、確実に秋も深まり、かすかに冬の気配も感じるこの頃、

我が家ではちょっとしたカメムシパニックになっています。

雨戸を開け閉めするたびにどこかからカメムシがぽろっと落ちてくるし、

いつの間にか部屋に入っているし、触ると大変なことになることを

知らなかった暴れん坊ねこが誤って触ってしまい、

強烈にカメムシ臭くなって、家中大騒ぎなど(泣)、カメムシだらけです。

 

種類はクサギカメムシ。茶色くて大型のカメムシの一種です。

この種類は放つ臭いも強く、外に出すときは最善の注意を

払わねばなりません(滝汗)。

 

クサギカメムシ イラスト

↑絵に描いてみましたが、虫がお嫌いな方、スルーしていただいて

(汗 すみません)

 

びっくりしたのが、雨戸の戸袋の入り口に何匹も固まって

ひなたぼっこしていたり、その数の多さです。

この種類は成虫の姿で越冬します。その上、仲間同士固まって

冬を越すので、お誘い合わせのうえお越しになったら大変です

(泣 もう、お越しになってる;;)。

 

メントール系の臭いが嫌い、と言う話を聞いたので、

ハッカ油などを混ぜてスプレーを作り、戸袋の入り口に

かけていますが、しばらくは効果があるも、また戻ってきます。

きりがない...(がっくり)。

 

というわけで、もうしばらくカメムシとの攻防は続きそうです;

 

JUGEMテーマ:自然

 

Powered by
30days Album