ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  EXHIBITION,SHOP,RSS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.05.11 Saturday

ドバト、再び。

5月に入り、しかも昨日から夏のような暑さです。

 

16日まで愛鳥週間、と言うわけではないですが、

自宅周辺に生息する鳥たちに動きがありまして、

 

昨年見かけたドバト(カワラバト)のつがいが

今年もやって来ました。

 

昨年の記事はこちら↓

featherfw hill : ドバトのつがい。

 

スズメやシジュウカラたちが一斉に逃げたなと思ったら、

飛んできたのがこの2羽でした。

どうやら、今年も繁殖活動を行ってそうです。

 

そして、彼らが姿を見せるとキジバトが

あまり周辺に寄ってこなくなる感じがします。

 

今年もどうなるハト事情(?)。

 

今はシジュウカラが盛んにさえずっています。

 

atelier*zephyrミニ原画 シメ

↑何故か絵はシメ先輩...(汗)

 

JUGEMテーマ:野鳥

 

2019.04.29 Monday

幻日環、環水平アーク.....

昨日、各地で環水平アークや完全な幻日環(!)が見られたと聞いて、

一日制作中だったわたしは、あぁうらやましい...と

画像を見ながら思っているところです(涙)。

 

実は昨日、午前中に作品資料のため植物の観察をしに

表に出ましたが、その時は何もなく。

空も雲は多めでしたが晴れていて、太陽の周りにも

何も出ていない状態でした。

 

さて、今日はどうかなと表を見ると、

見事に曇り...だめそうです(泣)。

 

各地で撮影された光学現象、実に美しかったです。

目の保養になりました。

 

ぐるっと一周幻日環、一度は見てみたいです

(何度かここでも書いているけれど、未だ果たせず...)。

 

当ブログでは過去に少しだけ光学現象について書いたことがあります。

素人の文章なので、間違いもあるかと思います。

お時間ありましたらご覧下さいませ。

空・光学現象

 

環天頂アーク

↑10年くらい前に撮影した環天頂アークです。

 

JUGEMテーマ:自然

 

2019.04.24 Wednesday

ゴルジ体が好きだった。

まだ小学生だった頃、図鑑ばかり見ていたわたしは、

細胞の図を見ていて、興味のあるものを発見しました。

 

なんだ、このぺろーんとした平たいものが

重なっている部分は。

 

大人になってよくよく考えたら、その細胞図は

細胞をすぱっと切った断面図で描かれていたので、

余計に形が気になったのだろうと思います。

で、その形がすっかり気に入ってしまい、

しばらくその形ばかりを描いていた、怪しい子供でした(滝汗)。

 

その気に入った部分。

それはゴルジ体といいます。

 

ゴルジ体 断面イラスト

 

断面図は確かこんな感じ。

(ささっと描いたので、クオリティ低めです;)

 

このような変わった形の器官が細胞内にあるなんて。

 

ゴルジ体は細胞内のタンパク質輸送に大いに関わっている器官です。

...と、言うことそっちのけで形にばかり目が行っていたのでした。

実はとてもとても大事な役目があるのですね。

 

京都産業大学 : 古くて新しいゴルジ体

 

本当は迷路みたいな断面図のミトコンドリアも

結構好きだったことも付け加えておきます....

 

ミトコンドリア 断面図

なんだかパンみたいになりましたが...(汗)

 

Powered by
30days Album