ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  EXHIBITION,SHOP,RSS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2018.02.07 Wednesday

シジュウカラはやっぱりすごかった。

一昨年くらいから、シジュウカラは鳴き声で文章を

作っているなどなどこちらも驚きの新発見がありましたが、

 

featherfew hill:タマゴタケとかシジュウカラとか。

京都大学:文法を操るシジュウカラは初めて聞いた文章も正しく理解できる

 

またまたシジュウカラで新たな発見です^^

 

今回、「ヘビが来たぞー!」という意味の鳴き声は

仲間もヘビをイメージさせる鳴き声であることが証明されたそうです。

ヘビが来たことを知らせる鳴き声をスピーカーで流し、

ヘビに似せた動きの細長い枝を木や地面で這わせた所、

その枝を注意深く観察したりし始めたそうです。

 

京都大学:シジュウカラの音声言語、単語から指示対象をイメージする能力を確認

 

そういえば、シジュウカラを始め、カラ類の鳴き声の種類の多さは、

こちらのサイトでお聞きいただくとよく分かるのですが、

バードリサーチ鳴き声図鑑

さらに見ると、カケスやムシクイ類、ヒタキの仲間なども

バリエーションの多いことが見て取れます。

シジュウカラの研究を知ってから以降、わたし自身、

聞き慣れない鳴き声だなぁと思って姿を見てみたら、

えっ、あの鳥だったの!?(そして、鳴き声図鑑サイトで聴いて再確認)

という事に何度か遭遇しています。

 

鳥たちは人間の想像以上に豊かなコミュニケーションを

しているのかもしれません。

 

ううむ、なんだかわたしは彼らに負けてる気がする....(泣)。

 

JUGEMテーマ:野鳥

2018.02.03 Saturday

「ひとめぼれ!にゃんこ写真大募集」結果発表されております*

先日、当ブログで情報転載させていただいた、

アトリエシードさまの「ひとめぼれ!にゃんこ写真大募集」

遂に、結果発表されました!

アトリエシードさまのブログ

 

選ばれた皆様、おめでとうございます!

選外の方のお写真も全員掲載されております*

拝見しましたが、いや〜*かわいいねこさんばかり。

いやいや、そもそもねこさんはみんなかわいい。

そう言ったら犬さんも鳥さんも全部かわいい。

いや、それいったら、リスもタヌキもきのこも変形菌も

ボルボックスもマンジュウヒトデも(途中から怪しくなったので割愛;)

 

うちの暴れん坊は...相変わらずいろいろしでかしますが、

やっぱり...かわいいかな(ぼそっ)。

今回は諸事情あって、応募は致しませんでしたが

(だいたい、うちのはカメラ向けても秒速でいなくなるか、

カメラのレンズに寄りすぎて(そしてレンズをかじる;)映らない 泣

結果、籠の中で寝てる写真だらけに.......;;;)、

たぶん、今後も時々当ブログの記事にはいろいろ登場するかと思います(汗)。

 

以上、にゃんこ写真、結果発表のお知らせでした!

 

猫が籠の中で寝ている

 

↑前もどこかの記事に載せた写真ですが、この状態が一番飼い主としても

ほっとするというか、写真が余裕で写せる貴重な時間(後は変わらずの暴れん坊ぶり;)

 

JUGEMテーマ:ねこのきもち

 

2018.02.01 Thursday

皆既月食 2018年バージョン。

なんと今日から2月です(汗)。

はやすぎる〜と叫んでおりますが、

 

底冷えする寒さの中、少しだけですが、

昨日31日の皆既月食を見ることが出来ました。

在住地では曇りの予想でしたが、当日になってみたら、

ほぼばっちりの視界でした。

 

で、無理を覚悟で古いデジカメで撮影しました。

 

月食欠ける途中

 

安定のぼやけ具合(号泣)。

ちなみに欠けていく途中の段階です。

 

そして、遂に皆既時間帯に突入。

月は見事な赤銅色です。

 

撮影してみたら....

 

皆既月食中

 

だめじゃーん!!(大号泣)

 

皆既月食中写真カラー編集済みバージョン

 

画像に修正加えてこれでした....やはりというか...T_T

今年こそは新しいカメラ買おう(決意)。

 

月食のことを改めていろいろ調べてみて、実は良ーく見ると

欠けている境目にやや青みがかった部分が見えて、

それを「ターコイズフリンジ」と呼ぶのだそうです。

大気圏の中の成層圏と呼ばれる、さらにその中のオゾン層という部分で

赤い光を吸収することで青く見えるのだそうですが(うろ覚えです)、

ファン!ファン!JAXA:空と宇宙の境目はどこですか?

NASAのページにターコイズフリンジの説明がありました。(英文です))

当然、そんな繊細なものが写るわけもなく(それ以前の問題).....;;

 

そして、月食時の大気中のチリの量で、赤銅色が濃くなったり

薄くなったりするそうです。

国立天文台:月食とは

 

うちにあるこれまた古い+小さい双眼鏡、望遠鏡で

さらに詳細に美しい皆既月食を見ることが出来ました。

あっ、せめて望遠鏡使ってむりやりデジカメから

撮影すればよかった.....何故今頃気づく......(がっくし)

 

どちらにしろ、クオリティは低いですが....(泣)

 

※昔、太陽の前を金星が通過したときにむりやり撮影した

写真がこちらになります↓

featherfew hill:太陽の前を通過する金星(2012.06.06)。

 

いろいろありましたが、久々の月食でまた

自然界の移り変わりを実感した夜となりました。

 

JUGEMテーマ:天体(月・星・他)

 

Powered by
30days Album